This Category : 医師との問答

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検査・マーカーのこと

2008.04.03 *Thu*
Q. 消化器以外の炎症や病変でもCA19-9上がるのか?

A. 肺の炎症などでも上がる  とのことだった。
  マーカーが100を越え、胸に白い影があり、再発だろうといってた人がいて、
  とったら再発じゃなく肺炎?だったらしい。

Q. PET/CTでとるCTといつも撮ってる造影CTは違うのか? 
(PETと造影剤CTでは使用する薬品が違うので)

A. 基本的に同じ。ただ写り方が違う との事。
  どちらも、ガンを見つけるには有効のようだったので、何がどう違うかまで、詳しく聞かなかった。


ヨードアレルギーがある私としては、PET/CTで撮るCTが造影CTと同じぐらい詳しいことがわかるなら、再発の疑いが濃厚な場合、PETで調べて欲しい。 
PET時間かかるけど楽だもん。

(CA19-9の数値がカットオフ値を少し越えたあたりでウロウロしていて、CT検査異常なし。
PETとるかどうか って時にした質問です。)
スポンサーサイト

抗癌剤の回数

2006.03.01 *Wed*
Q.抗癌剤6クールということだが、5回で止めるのと6回きっちりするのと、どれほど再発率に違いがあるのか?

A. 分からない。
標準治療?を決めるとき6クール以上の抗癌剤投与でデータが取られてる。
全ての回数でデータを取ってる訳でもないし、5回と6回がどう違うか?といったデータは取ってないから分からない。

なるほど・・・単純明快 分かりやすい担当医の説明でした。

アメリカのがん治療

2006.02.02 *Thu*
あるガンを題材とした番組で、アメリカの医療についての話があった。
それによると、アメリカでは医療の情報開示が徹底されているようだった。
どのガンでどのような治療がなされ治療成績はどうであるといった情報が事細かに各州の病院ごとに開示されていて、ネットで簡単に調べられる・・・といった内容だった。

番組終了後、早速サイトにアクセスし子宮内膜ガンを調べてみた。
ネイティブではないし、英語に長けてるわけでもないので完璧に訳が出来るわけもなく、はっきりとはわからないが、どうもアメリカでは術後の補助療法として放射線治療が一般的なようだ。

早速主治医に聞いてみた。

私:”アメリカでは放射線治療が一般的みたいですけど、放射線ってどうなんですかね?”

Dr: ”アメリカは入院をすごく嫌う。術後も最低限の入院だけですぐに退院させるし・・・。
入院が必要な化学療法より、簡単で通院治療が可能な放射線治療を好む。でも放射線治療は治療自体は楽だけど、後々の障害が出てくることが多い。それを考えるとその時辛くても後々の障害がない化学療法がいい。”

納得!
アメリカ在住の人も言っていた、ほんと盲腸のような簡単な手術だと入院しないみたい・・・。

アメリカではガンに関する情報もすごく多いようだ。
英語が出来ればなぁ~とホント思うよ

これから先 万が一再発し 認可のおりている抗癌剤が効かなかった時、きっと色んな情報が欲しいと思うから・・・。

検査と注射を家の近くで・・・

2006.01.21 *Sat*
短期入院と通院での治療を決める前に、血液検査とノイトロジン(好中球をあげる薬)の注射を家の近くの病院で出来ないか?と先生に相談した。
通院が大変なのは予測できたし、少しでも楽な方法はないかと。

答えは 血液検査に関しては ”NO”
血液検査は、病院によって細かい部分で差があるので、他ではダメ。
抗癌剤の効果・再発の有無など注意深く経過観察をしなければいけないから。

注射に関しては、小さい病院だとノイトロジンを置いてないだろうから無理だろうとの事。
確かに抗癌剤治療を行っていない所に置いてるはずもない。
大きい病院で薬があったとしても、注射だけやってくれるかどうか・・・?
ということだった。
しかし提携病院でなら、大丈夫とのことだった。
提携病院は手術した病院より通院に便利だったので注射だけお願いした。
言ってみるもんだ。

でもどうして病院によって血液検査に差があるんだろう?
全国的に統一したらいいのに・・・
そしてもっと他の病院と連携したらいいのに。

たった数分の血液採取のために何時間もかかるって・・・なんだかなぁ

お腹は引き締まる?

2006.01.19 *Thu*
術後初めてのシャワーで一番驚いた事・・・それはお腹。
ぽっこりお腹が前に出てて、当時かなり痩せていた私の体型は、
まるで飢餓状態の子供のようだった。

術後すぐだし、お腹切ったんだから仕方ないか・・・と思っていたが、抗癌剤でほとんど食事もまともに取れてないのにも関わらず、3ヶ月ぐらいたった今もお腹がへこむ気配が全くなかった。

ある日先生に聞いてみた。

私: ”術後からお腹がすごい出てるんですけど、これっていつになったらへこみますか?”

Dr: ”ん? それ加齢。”

 なぬ~~~!! 加・加齢だと~

私: ”えっ でも痩せてるし、いままでこんなお腹出てたことないのに・・・”

Dr: ”ん・・・まぁ腹筋鍛えたら少しはへこむかもしれないけど・・・加齢だからどんどんねぇ・・・”

げーーっ 腹筋鍛えても完璧にお腹へこまないとな!!

ショック 

プロフィール

hana*

Author:hana*
のんびり気楽に過ごしてます。
趣味は犬服と雑貨作り。

2005年子宮体ガン手術    術後化学療法5クールうける。



カテゴリー

・コメントもらえると嬉しいな♪



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



ランキング

クリックして応援お願いします。 ↓↓↓    ↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へにほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

ランキングに参加しています。



最近のコメント



最近のトラックバック



blog pet



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード






08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © Cocoro no iro All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: HELIUM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。