This Category : 術前・術後

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腸の癒着

2006.01.23 *Mon*
病友とその後の体調の経過の話をしていて、便通の話題になった。
彼女は術後から便秘に悩まされていた。
私は便を柔らかくする薬でOKだったけど、彼女はそれでは効かないようで、腸を動かす薬を飲んでいた。

病友: ”腸が動く時、癒着してるところが引っ張られて痛い・・・癒着してるから便通も良くないし。
・・・私はどの辺りが癒着してるかわかる。”
と彼女は言った。

私:”えっ 癒着してるのわかる??” 驚き~
 私は良くわからないけど  

お腹の手術をすると、どうしても癒着は起こるらしい。
なんでもお腹を切って腸をドサッと横に!?よけてから、子宮を取ったりリンパ郭清したりする。
全て終えた後、パパっと元に戻すらしい。
(元あったように綺麗に戻すわけではなく、適当ではないだろうけど結構パパっと戻すらしい。)
その時にどうしても細かい傷がつくらしい。
傷が治る時必ずくっつく。 切り傷が治る時みたいな感じだろうか?
まあ 治るということはそういうことなんだそうだ・・・

少なからず、お腹の手術した人は腸の癒着があるらしいのはわかるけど、便で癒着場所がわかるってすごい・・・。

癒着がひどく便通が悪く腸閉塞にならないようにだけは気をつけないと・・・
放射線や抗癌剤の合併症で腸閉塞になり入院していた人を何人か見たけど、ほんと辛そうだったもんな・・・。
スポンサーサイト

病理 隠された真実

2005.12.14 *Wed*
病理結果を聞きに行った。
ほとんどのガンは類内膜線癌でG3ではなくG1
漿液性線癌はごく僅か。筋層浸潤ごく僅かあり。
この時リンパ転移について何も言われなかったし、なぜか私も転移の有無を確認しなかった。
ないものと思い込んでたのか?ないと思いたかったのか?はっきりりするのが怖かったのか・・・
その時はその全ての気持ちがあったような気がする。
そういえばステージにも触れられなかった。
術前診断ではⅠb 。
私自身ネットで色々調べてたので、説明から推測すると、そのままだろうと思い込んでた。
今思うと、念を押して聞くべきだった。

筋層に浸潤があると言うことは、血行性 血管を通ってがん細胞が散らばってる可能性がある。
リンパに転移がある場合はリンパの流れにのって目に見えないがんが散らばってる可能性がある。
と言うようなことを説明された。
漿液性線癌は悪性度が高く転移しやすいので化学療法の対象。
投与は6クールと術前と同じ説明だった。

その後化学療法の説明を受ける。

一時帰宅

2005.11.20 *Sun*
病理で転移もなく補助化学療法のない人は、退院となる。
大体3週間ほどで病理の結果が分かるようだが、3週間過ぎた今も私には何の音沙汰もない。
どちらにせよ、術前の内膜掻爬の際の組織診の結果から化学療法することは告げられていた。

術後の補助化学療法をする人で、抗癌剤治療する前一時帰宅する方も多い。
私も抗癌剤前に一時帰宅を希望していたが、なぜかなかなかお許しが出なかった。
”なんでーー”ってチョット怒り気味だったのだが、週末の帰宅がやっと認められた。
どうやら結果も出たらしい。
主人の都合がつかず、一時帰宅から戻った日に結果を聞くことになった。
久々に帰れる我が家に帰れるのがこんなに嬉しいなんて。
愛犬にも会えるし、何より病院を大手振って出られる!
(入院中は病院内から1歩も出てはいけなかった。)

膀胱炎から1週間

2005.11.08 *Tue*
膀胱炎から1週間が過ぎ、やっと尿管が外れることに。
長かった・・・。でもまたあの苦痛な導尿が始まると思うと気が重い

この日は回診があり、えらい先生が・・・。
”尿はどう?” と聞かれ、
”まだ全然”というと、
うえの先生:”そろそろあの薬使ったらどう?”
担当医:”ええ・・もうそろそろ使ってもいいかなとは思うんですが、まだ今日管外したばかりなので・・・もう少し様子見てダメなら。”
なんて話してる。

尿が出るよう神経に作用する薬があるようだ。
じゃあなんでもっと早く使わないんだ??とその時は思ったが、
使いたくないのはそれなりの理由があるのかな?とも思う。 
(なんとなく担当医の感じからして使いたくなさそうだった。)



便秘

2005.11.08 *Tue*
膀胱炎になってから数日間便秘が続く。
もちろん軟便剤は欠かさず飲んでいるが、食事の量も少ないせいだろうか?
トイレに行って頑張るが一向に出ない。すぐそこまで便が来てるのに。
汚い話になるが・・・
トイレットペーパー越しに触れると、硬く石のようになって詰まってるのがわかる。
少しペーパー越しに刺激するも全くダメ・・・ということで意を決し
看護師にかき出してもらうことにした。
まぁそれが痛いのなんのって・・・

尿管の先が膀胱壁に突き当たっているのか、かき出す度に激痛。
そのたび ”痛ーーーっ!!!”と叫んでしまった。
看護師は手馴れたもので、叫びに動じることもなく、
”すごくたまってるわ”と手早く処置してくださいました。

置を終え半泣きでベットに戻り しばらくしてふと尿をみると・・・
赤い血尿が出てるよ・・・

プロフィール

hana*

Author:hana*
のんびり気楽に過ごしてます。
趣味は犬服と雑貨作り。

2005年子宮体ガン手術    術後化学療法5クールうける。



カテゴリー

・コメントもらえると嬉しいな♪



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



ランキング

クリックして応援お願いします。 ↓↓↓    ↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へにほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

ランキングに参加しています。



最近のコメント



最近のトラックバック



blog pet



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード






08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © Cocoro no iro All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: HELIUM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。