--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術都市パリの100年展 

2008.10.09 *Thu*
芸術都市パリの100年展に行ってきた。

行くときに、ちょっとショックな出来事が・・・

行きのバスは、高校生ぐらいの団体の外人客でいっぱいだった。
ドアが閉まってすぐに、後ろから 『座って。』 と言う声が。

振り返ると、若いイケメンの外国の男の子が、私のほうを見て、椅子のほうに片手を差し出し、『スワッテ。 スワッテ。』と片言の日本語で言うではないか・・・

ヽ(え゚∀゚え)ノ 私??  
エエーーーーッ!!!!  ” と思ったが、確かに私を見てる。
めっちゃ目ぇ~合ってるし。 
しかも、周りの男の子たちもみんな私を見てるやん!!

マジで!? 全然そんな歳ちゃうねんけど・・・・ρ(-.-;)   とショックをうけつつも、促されて席に座った。

ぶっちゃけ、席に座れたら楽やけど、全然嬉しくないし。(`-_ゝ-)
大体こんな満員やのに、後部座席に座らされて、降りたいとこで降りれんかったらどうしてくれんの。 とも思ったけど、一応譲ってもらった訳やし、お礼をと、

”Thank you” ではなく、 『ありがとう』 って日本語で言ったら、暫く沈黙があり、 
『ドウイ・・・ドウ・イ・タ・シマ・シテ』 と返ってきた。

どうやら、日本語を少し勉強してるとみた。

せっかくやし、『おーきに、すんまへんなぁ。』 とか 『ちょりーっす』 とか違うこと言ってみればよかった。
変な日本語といっぱい教えるとか。Ψ(`▽´)Ψウキキ

なんかホンマすっきりしないけど、 ”レディーファーストだ ” と思っとこ。
でないと、いじけるわ。llllll(-_-;)llllll

で、肝心の100年展は・・・
パリの芸術が絶頂だった、1830~1930年の100年間のパリをテーマにした、絵画・彫刻・版画・写真
などを、パリの都市、市民生活、男と女パートⅠ、男と女パートⅡ、田園のあこがれの5つのカテゴリーに分けて、そのテーマにあった作品が展示されている。

フランスにある、15もの美術館から作品が集められているらしいが、有名な画家の絵画はあまり無かった。 大好きな印象派のルノワールの作品も2点だったかな・・・。

でも当時のパリの町並みや、市民の暮らしぶりがよく分かる作品がたくさんあり、見応えはあった。

今日のランチは、細見美術館内でイタリアン。
そのレストラン、TBSの魔法のレストランのシールが貼ってあった。
番組で紹介されたんだね~ きっと。


なんか、展覧会の印象より、バスの中の出来事が頭に残った1日だった。
ε-(ーдー)ハァ 


ランキングに参加しています。 
***1クリックで応援お願いします。*** 
    
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

***励みになります。 有難うございました。***


COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

hana*

Author:hana*
のんびり気楽に過ごしてます。
趣味は犬服と雑貨作り。

2005年子宮体ガン手術    術後化学療法5クールうける。



カテゴリー

・コメントもらえると嬉しいな♪



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



ランキング

クリックして応援お願いします。 ↓↓↓    ↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へにほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

ランキングに参加しています。



最近のコメント



最近のトラックバック



blog pet



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード






10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © Cocoro no iro All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: HELIUM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。