--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハレム

2009.11.04 *Wed*
禁断の!?ハレム潜入・・・  ※小さい画像はクリックで大きい画像を見れます たぶん

肌もあらわな綺麗な女性と国王・・・といった映画のイメージとは違い
国王の母と妻たち(男子を産んだ順に第1から第4夫人まで)
その召使い・女奴隷 など 日本で言う大奥のようなところ。

スルタン  トルコ女性像
スルタン(国王)と女性像
アジアっぽいと思うのは私だけ???

P1000301-a.jpg
ハレムに入ってすぐの部屋。 ブルータイルが印象的です。

右手に国王と妻1から順番に部屋があります。
左手は黒人宦官の部屋。 黒人宦官は国王以外唯一ハレムに入れた男。
でも去勢されていて、中のことを話せないよう舌も切られてたとか。

女性の部屋のドアは2重になっていて、
一方から入れたものを、もう一方から出すしくみで
黒人宦官が女性たちと会うことはなかったようです。

P1000305-a.jpg
画像が暗いですが・・・ 女性たちの部屋


P1000310-a.jpg P1000311-a.jpg

『 国王のための風呂場と浴槽 』
煌びやかです。 

P1000313-a.jpg

『 スルタンの大広間 』


P1000318-a.jpg

はて? ここは何の部屋なのか・・・ 音声ガイドなしだったためよくわからない・・・

P1000316-a.jpg  P1000317-a.jpg P1000314-a.jpg 

部屋のドア・天井・窓 細部にもこだわりがあり素敵です。
象嵌細工のドアがとても綺麗でした。 クリックすると大きい画像が見れます。

奴隷のままか 這い上がるのか
誰がいち早く男子を産み第一夫人となるのか・・・
愛憎渦巻く!? 女の園だったのでしょう・・・きっと


世界遺産イスタンブール歴史地区はこれぐらいにして
次はトルコのリゾート地 ” アンタルヤ ” へ移動


COMMENT

hana*さん

ハーレム、寒色系の色具合は意外でしたワ。
広々とした空間に、めイッパイのタイル装飾はすごいですね、
きらめくシャンデリアも高価そう、
光をはなすステンドグラスに魅了され
異文化を凄く感じました。
2009/11/06(金) 18:43:35 | URL | しろ #- [Edit
しろさんへ→Re: タイトルなし
トルコのイズニック焼という、青を基調としたタイルが有名で、
さまざまな歴史的建造物にもよく使われてたみたいです。
そのタイルの青がブルーモスクの名の由来にもなってるみたいですよ。

ブルーだけではなく、赤や緑が加わったものも多くありましたが、
それは中国からの影響とか・・・
さすがアジアとヨーロッパが交わる国ですね。
2009/11/07(土) 18:08:48 | URL | hana* #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

hana*

Author:hana*
のんびり気楽に過ごしてます。
趣味は犬服と雑貨作り。

2005年子宮体ガン手術    術後化学療法5クールうける。



カテゴリー

・コメントもらえると嬉しいな♪



最近の記事



リンク

このブログをリンクに追加する



ランキング

クリックして応援お願いします。 ↓↓↓    ↓↓↓

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へにほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

ランキングに参加しています。



最近のコメント



最近のトラックバック



blog pet



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード






10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © Cocoro no iro All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: HELIUM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。